イソフラボンの効果について、説明したいと思います。 イソフラボンを摂取すると、女性ホルモン(エストロゲン(成長期にはこのホルモンの分泌によって、身長の伸びが止まるとされています))に似た感じの効果が期待できるでしょう。 女性ホルモン(エストロゲン(分泌量が減ることで、更年期障害が起こるといわれています))は、健康に重要な役割を果たしています。 コレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)を体内で調整する作用がありますので、不足するとコレステロール値(毎日暴飲暴食をしていたら、みるみるうちに高くなってしまうでしょう)が上がり、動脈硬化などを誘発するという悪影響があるのです。 それに、骨の代謝などにも関与していますから、足りない場合には骨からカルシウムが排泄されて骨が弱くなってしまい、骨粗鬆症予備軍となってしまうでしょう。 このようなことから、女性ホルモンが少ない方や不足している方に、イソフラボンを摂取してもらって補充すると、動脈硬化(何らかの要因により、動脈が硬化してしまった状態をいいます)や骨粗鬆症(特に閉経後にはなりやすいと考えられています)の予防になるといわれています。 さらに、更年期障害によるイライラや不定愁訴などの緩和にも役立つになると思います。 また、アンチエイジングや美容の分野でも注目されています。 活性酸素を除去する抗酸化作用(最近では、手作りの野菜や果物のジュースが人気ですね)があるとされているので、美肌や若返りなどにも役立つはずですよねー